SBIモーゲージのリフォームローンとは?

モーゲージ
<ローンの概要>

 

● 金利:ローン名「SBIフラットリフォーム」(フラット35+フラット35リフォームパッケージ)

 

フラット35の金利:1.74%〜2.05%(固定金利)
フラット35リフォームパッケージの金利:2.975%(変動金利)

 

※変動金利については、原則的に年に2回、見直しを行なっています
※金融情勢によっては、毎月見直すことがあります
※2013年7月時点

 

● 融資可能額:200万円以上8000万円以下

 

※内リフォーム工事費用に充当するリフォーム融資額は1,500万円以内
※フラット35・フラット35リフォームパッケージともに、最低融資額は100万円

 

● 返済期間:15年以上で下記のいずれか短い期間となります

 

(1)35年以内
(2)最終返済時年齢80歳未満
※お申込本人の年齢が60歳以上の場合は、10年以上14年以下の設定も選択できます
※ご返済回数:119回〜419回

 

 

<融資条件>

 

● 以下の条件を満たす方

 

(1)最終返済時の年齢が満80歳未満となる方
(2)日本国籍を持つ方、または永住許可を有する方
(3)SBIモーゲージのフラット35を利用する方(同時申込)
(4)前年度税込年収に占める年間の総返済額の割合が、下記の範囲内に収まっている方
・税込年収400万円未満の方・・・30%以内
・税込年収400万円以上の方・・・35%以内
(5)住宅金融支援機構の、住宅融資保険の利用が可能な方
(6)リフォーム工事において、リフォーム瑕疵保険を付保可能な方

 

※他行のリフォームローンからの借り換えはできません

 

● 資金使途

 

(1)本人が所有する物件で、本人または親族が居住することを目的とした中古住宅の購入資金とリフォーム工事費
(2)セカンドハウスの中古住宅の購入資金やリフォーム工事費

 

 

<対象外となる案件>

  • 住宅金融支援機構融資、または機構財形住宅融資と併用する場合
  • 買戻権付案件
  • 保留地案件
  • 無担保案件(土地と建物に第1順位の抵当権設定が出来ない案件)
  • 質権設定が必要な案件
  • 土地先行取得の場合

 

 

<ローンの特徴>

 

● 中古住宅購入に合わせて行うリフォームに限定した新しい【フラット35】のリフォームローン

 

● 中古住宅の「購入後」に「リフォーム」行うことが前提。

 

● 「中古住宅の購入」「リフォーム工事」に必要な資金の借入が可能となります

 

● 「フラット35」と「フラット35リフォームパッケージ」の手続は一体で進めることができます

 

● 中古住宅の購入資金に対する【フラット35】の融資限度額を引き上げることができます。
※フラット35の融資限度額は購入資金の90%。それを100%にまで引き上げることが可能。

 

● 短期間ローンになることの多いリフォームローンの返済期間を、35年まで延ばせる。

リフォームローン金利比較で選んだ銀行ランキング!