リフォームローン金利比較で絶対損しない!

見出し

リフォームローン金利比較で大事なのはあなたの目的に合わせた商品を選ぶこと、ここでは当サイトのおすすめをご案内!

 

まず、とにかく金利が安く、ちょっとしたリフォームにも使えて便利なのがイオン銀行!イオンでの毎日のお買い物が5%OFFになるなど使い勝手のよさが光ります!

リフォームローン金利比較で選んだ銀行ランキング!

リフォームローン金利一覧で比較すると?

夫婦

リフォームローンの注意点は?

 

自宅の増築や改築などのリフォームを行う資金を借り入れるリフォームローンですが、注意しなければいけないのはあなたの用途や目的に合わせて最適な商品を選ばなければいけないということ。

 

担保が必要かどうか、保証人や保証金の有無、手数料を含む諸費用、そして金利は金融機関によって大きく異なります。

 

ちょっとした修繕やクロスの張り替えなど小規模なリフォームの資金なら金利が比較的高いものの担保が必要なく、数百万円まで借りられるリフォームローンがベストチョイスになります。

 

また、バリアフリー改修や大幅な改築など大規模なリフォームの資金なら、審査や担保の条件が厳しいものの金利が安い住宅ローン系のリフォームローンが最適となります。

 

金融機関が提供しているものは多くの商品がありますが、リフォームローン金利を比較する際にはあなたの目的に合わせた条件をピックアップして一覧で比較していく必要があるのです。

 

ですから、あなたのリフォームの目的にあうローンはどんな条件なのかをまずきちんと見極めておいてください。

 

損しないために!

 

低金利からと言って小規模なリフォームに、保証料や担保が必要なものを選ぶと結果的に大きく損をしてしまうことになります。

 

そういった失敗を無くしていくためにも当サイトの情報を積極的に活用していただきたいと思います。

リフォームローンの種類と金利の関係は?

リビング
リフォームローンとは、住宅を増改築する目的のための商品です。ただ、一口にリフォームローンと言っても、様々なタイプがあり、それぞれ特徴があります。

 

 

住居の増改築自体をみても規模や目的等いろいろなものがありますので、どのタイプの商品が良いかは、増改築の内容自体によっても違ってきます。

 

● 担保の有無
リフォームローンには、担保が必要なものと不必要なものがあります。担保の必要なものとしては、いわゆるリフォームにも使える住宅ローンが代表的です。

 

<担保が必要無商品の特徴>

  • 融資金額が大きい:最大1億円までのところがある
  • 返済期間が長い:最長35年くらいまで
  • 金利が低い:2%くらい
  • 必要な手続きが多い:担保を設定するので、ほぼ住宅購入の時と同じ
  • 必要書類が多い:住宅購入とほぼ同じ
  • 必要手続き、必要書類が多い分、借入時に費用がかかる

 

<担保が不要な商品の特徴>

  • 融資金額が小さい:たいていは500万円くらいまで
  • 返済期間が比較的短い:10年くらいまで
  • 金利が高い:カードローンよりは低め
  • 手続きは比較的容易
  • 必要書類が少なめ

 

 

● 固定金利と変動金利
リフォームローンにも固定タイプと変動タイプの2種類の商品があります。それぞれの特徴は次のようになっています。

 

<固定タイプの商品>

  • 借り入れた時点で金利が決まり、定められた期間変動することはない。(借入期間中、金利の変動しない全期間固定の商品もある。この場合金利上昇のリスクはない)
  • 金利が高め
  • 一定の期間の同じ水準で、期間終了後新たな固定金利が設定される段階型固定タイプもある、全期間固定に比べると、現在は低金利を反映しやや低めに設定されている。

 

<変動タイプの商品>

  • 借入後も金利は変動する。金利上昇のリスクがある
  • 金利が低い
  • 毎月変動するもの、半年に一回変動するもの等がある

 

 

●リフォーム目的
特殊なものとしては、リフォーム内容が耐震改修である場合に適用されるローンがあります。(高齢者向け返済特例制度を利用してバリアフリー工事または耐震改修工事を行う場合にも対応しています)

 

 

●取引実績の有無
住宅ローンの取引の実績のある人には金利優遇制度を設けているところも多いようですので、住宅ローンを組んだ金融機関に問い合わせてみるのも一つの手です。
また、リフォーム業者が提携するローンもあります。何らかの特典が設けられている場合もありますので併せて検討してみるのもいいでしょう。

リフォームローン金利比較で注意すべきことは?

調査中

「金利が低い」だけが良いわけではない

 

原則的には借り入れは、総返済額を如何に少なくするかが大切です。それにはリフォームローン金利は低いに越したことがありませんが、それだけどこから借りるのかを決めてしまうのは問題です。場合により、デメリットが大きく響いてしまうからです。

 

金融機関により多少の差はでますが、金利が一番低くなる条件は

 

  1. 担保が必要
  2. 変動タイプ

 

の場合になります。それでは、これらのデメリットは何でしょうか?

 

・担保が必要なリフォームローンの場合、どうしても担保として登録する手続きが必要となります。手間がかかるのはもちろん、これらにかかる諸費用が馬鹿になりません。

 

また、この場合、住宅購入の住宅ローンと同様に、保証料が設定されていたり、事務手続手数料がかかったりします。少なくとも20万円以上はかかってくるでしょう。

 

もし、大きな資金が必要でないならば、これらの高額な諸費用は、金利差以上に負担になります。

 

・変動タイプの場合、借入当初の金利がいくら低くても、返済中に金利が上がってくる可能性があります。景気の動向次第では、固定タイプで借り入れを行った場合より上がり、固定にした場合より総返済額が高くなってしまう場合もありえるのです。

 

リフォームと税金、補助金

 

リフォーム内容によっては、「住宅ローン減税」のように「控除」の対象になったり(確定申告により還付金がでます)、介護保険から補助金が出たりすることがあります。

 

ローン収支だけでは分かりませんが、家計全体からの収支として考えるとメリットになり、返済計画を考える上でも有用になってくるでしょう。

 

 

「リフォームローン減税」の対象

 

増改築の内容が、「省エネ」「バリアフリー」「耐震」(耐震については、自己資金の場合のみ)である場合、ある一定の要件を満たせば、納めた税金の一部が還付されます。

 

これは、資金が金融機関からの借り入れの場合でも、自己資金の場合でも対象になりますが、還付金を受けられる期間が、借り入れの場合5年間、自己資金の場合工事をした年だけとなっています。

 

これらのリフォームローン減税制度では、実施した工事が要件に該当することを証明する必要があり、「増改築等工事証明書」の提出が求められます。

 

法整備が甘く、建設業登録が無かったり、建築士がいなかったりする業者も多く、上記証明書の発行ができない悪質な業者もいます。

 

特に設備や窓の入れ替えだけでは、比較的簡単な工事で終わるため、建築士や検査機関などのチェックを受けないまま施工してしまう業者も少なくありません。

 

リフォーム減税制度の利用を検討する場合は、工事を業者に発注する前に、制度利用について打ち合わせをしておき、証明書を発行してもらえるかを確認しておきましょう。

 

また、これらの減税制度は、工事をするだけでは税還付を受けることができません。必要な書類を揃え、工事を行った年の確定申告を忘れずに行いましょう。

 

 

介護保険からの補助金

 

リフォーム内容が、「バリアフリー」に限られます。

 

また、介護保険制度において「要支援」または「要介護1〜5」と認定され、在宅で生活し、住宅改修が必要とされる人に対し、20万円までの介護改修について、1割の自己負担でリフォームすることができます。

 

この20万円という枠については、一度に使い切る必要はなく、数回に分けて改修を実施することもできます。

 

また「要支援」「要介護」のランクが3段階以上あがったとき(例えば要介護1の人が要介護4になった場合など)や、転居した場合などは改めて20万円まで給付を受けることができます。

 

また、介護保険制度とは別に、各市町村で高齢者向けや、障害者向けに住宅改修に助成金を支給しているところがあります。

 

助成金額や助成率などは市町村ごとに異なりますので、バリアフリーリフォームを検討する際には介護保険制度だけでなく、事前に自治体に相談してみるのも良いでしょう。